葬儀でお悔やみの言葉はどのようにかければいい?

お悔やみの言葉とはどういったものかというと「弔問時に遺族に対して思いやりを持ってかける言葉」になります。

ただ、葬儀に参列する際にお悔やみの言葉をどのようにかけたらいいか迷ってしまう人もいるかと思います。

そこでここからは、葬儀でお悔やみの言葉をかける際のマナーについて解説していきます。

■お悔やみの言葉はどのようにかければいい?

故人が亡くなったことに対して、遺族は深い悲しみを感じています。

そのため、葬儀に参列した際にお悔やみの言葉を伝える場合は、思いやりを持って短く伝える必要があります。

声のトーンは抑えめにして、小さめの声で挨拶をするようにしましょう。

一般的には「この度は誠にご愁傷様でございます。心からお悔やみ申し上げます。」などのように伝えます。

■葬儀では宗教に気を遣う必要がある

葬儀に参列する際にお悔やみの言葉を伝える場合、葬儀がどのような宗教の元で行われているかということについても考えておく必要があります。

たとえばキリスト教の場合、死は悲しいことではなく、「神のもとに召される」という意味合いを持っています。

そのため、お悔やみの言葉では「安らかなお眠りをお祈り申し上げます」などのように伝える必要があります。

■死に関する考え方によってお悔やみの言葉は変わってくる

前述したように、死に関する考え方によってお悔やみの言葉を変えていく必要があります。

まずは葬儀がどのような形態で行われるのかチェックしておくようにしましょう。