千葉に限らず全国で変わりつつある葬儀。そこに込められた意味とは?

最近では「一般参列者を呼ばない」葬儀や、「通夜をしない」葬儀などをする人が増えてきており、様々なものが省略されるようになってきました。

実際、千葉にある博全社という葬儀会社には火葬のみを行う火葬式プランというものがあります。

時代の移り変わりなのか、今までとは違う葬儀が求められるようになってきたという事なのでしょう。

そのような状況で「そもそも葬儀とは何か」ということが分からなくなってしまう人も少なくないのではないでしょうか?

そこでここからは、葬儀の意味の範囲について解説していきます。

■葬式のことを指す場合

まず、葬儀の意味合いとして「葬式」のことを指す場合が挙げられます。

一般的にはこのような認識の人が多数で、一般的な理解と言えるでしょう。

ちなみに「葬式」と「告別式」は違った意味合いで、告別式は宗教的な儀式を含まないものになります。

それに対して、葬式は宗教的な儀式を含んでいるものとなります。

■通夜、火葬などとまとめて葬儀と呼ぶ場合

葬式だけでなく、通夜や火葬などと合わせて葬儀と呼ぶ場合もあります。

そのため、葬儀日程を決めるということは「通夜」「葬式」「火葬」などのすべての日時と場所を決定することを指します。

■全体的な視点で葬儀を考えることが重要

一般的には葬儀は「葬式」という意味合いでとらえられていますが、葬儀を考える際は「通夜」「葬式」「火葬」などの全体的な視点で段取りを付けていくことが重要になります。

ただ、そのすべてを個人で取り仕切っていくのは難しいため、信頼できる葬儀社に依頼していくことが必要になります。

そのため、まずはインターネットなどで葬儀社の情報を収集してみることをおすすめします。